メール無料相談 06-6226-8000

【時間】9:00~18:00【休日】土日祝

相続債務-父が亡くなりましたが,借金などの債務があるようですが,詳しく分かりません。すぐに相続放棄をした方がよいでしょうか。

相続放棄をすると,後で相続財産の方が多いことが分かったとしても,撤回をすることができませんので,相続放棄の手続を行う前に調べておく必要があります。

 まず,被相続人(父)の債務を調べる必要があります。借用証などの書類や請求書などの郵便物,預貯金口座からの引き落としなどから,分かる場合があります。

 なお,住宅ローンの場合は,団体信用保険に加入していることがありますので,住宅ローンの残りの債務は保険金により支払われることがありますので,確認する必要があります。

 調査の結果,明らかに相続債務が多く,支払うつもりもない場合には,速やかに相続放棄の手続をしましょう。相続の開始を知った時から3か月経過すると,相続放棄が認められないことがありますので,注意しましょう。

 相続放棄をすると,相続放棄をした人は最初から相続人ではなかったこととなり,次順位の相続人(子が放棄した場合は被相続人の親へ,親が放棄した場合は被相続人の兄弟へ)へうつりますので,その点について配慮が必要な場合もあります。


⇒大阪で遺産相続の無料相談を実施中|当事務所の特徴はこちら

お問合せフォーム

交通に便利な事務所です。
お気軽にお越しください。
堺筋本町駅徒歩1分

電話での簡単な相談、初回の面談は無料です。

秘密厳守

電話でのお問い合わせはこちら

06-6226-8000

月曜〜金曜日 9:00〜18:00

メールのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム
翌営業日にはお返事致します

いつでもお受けしております